いろんな情報をお届けします! スタッフブログ
2022.06.23  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。

今回はメーカー様のコンテスト入賞を果たした、美しい門まわりが特長のM様邸の事例をご紹介いたします。

 

黒がアクセントとして映える和モダンデザイン

 

おうちが建つ前からエクステリア工事のご依頼をいただいていたM様邸。

実は以前M様の親御様のおうちの工事をさせていただき、今回はお母様からのご紹介でご縁をいただくことになりました。

6-1

 

M様のご要望は、お庭でバーベキューが出来るようなウッドデッキの設置とカーポート設置でした。
とても広い敷地にご要望を叶えるべく2パターンほど図面をご提案し、3パターン目でやっと決まり、圧巻のエクステリアが完成しました!

おうちの木目デザインと窓枠のカラーの黒に合わせてカーポートや駐輪場は黒で統一し、 ホワイトと木目のベースカラーの中に黒が映え、モダンな印象に仕上がりました。

 

■優美に照らす美しさは圧巻!コンテスト入賞の門まわり

 

6-2

6-3

M様邸の中でもひときわ目を引くのは、とてもおしゃれな門まわり
昨年のメーカー様のコンテストのファサード部門(門まわりの部門)で見事入賞を果たしました! 塗り壁でしつらえた門柱には宅配ボックスを設置し、建物の木目の格子と合わせた木目のアクセントを3本あしらいます。

お昼間もバランスの取れた美しい門柱ですが、是非ご覧いただきたいのが夜の姿
門柱下部には間接照明を仕込み、アッパーライトとして照らすことで、塗り壁の凹凸が照らされ、美しい陰影を生みます。
このような優れた意匠性はもちろん、夜にあかりが灯ると防犯面でも安心です(^^)

ユニークなオブジェもお庭の立派なアクセントに

6-4

6-5

 

お庭に植えたイロハモミジのすぐそばには、ワンちゃんの穴掘りオブジェをプラスさせていただきました。
元々は提案に入ってなかったのですが、ひょんなきっかけでお付けすることに。
結果的にとても喜んでいただけて、プラスして良かったな~と私も思わず笑顔になりました(#^.^#)

工事をさせていただいただけでなく、ご家族の皆様にもご紹介いただき、本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。
今後ともよろしくお願いいたします!

2022.06.21  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
前回は門柱を設置するメリットなど基本的なことをお話しました。
今回は門柱にまつわるギモンにお答えいたします!

■門柱の適切な大きさは?

 

高さは少なくとも1.4m程度、幅は1~1.2mほどあれば見栄えがよくなります。
幅の狭い門柱もありますが、あまり細すぎると目立たずに存在感がありません。
せっかく作ったのにそうなってしまうのはもったいないので、ある程度幅を持たせながらデザインすることが大切です。

5-1

■どんな材質で作られるの?

 

化粧ブロック、漆喰などの塗り壁、レンガ、塗装に合わせてガラスやタイルを組み合わるなど、様々な材質で作ることができます。
建物の雰囲気や叶えたいイメージに合わせて材質はもちろん、ポストの色、どんな装飾にするかなどを丁寧にコーディネートします。

塗り壁のように、見た目はおしゃれでも少し汚れが付きやすい材質もあります。
門柱はおうちの顔なので門柱が汚れているだけでおうちのイメージも残念に。
汚れにくさ、デザイン性などを総合的に鑑みて一緒に考えていきます!

■門柱灯は必要?

 

必須ではありませんが、デザイン性・利便性双方の面で設置することをおすすめしています。
夜間はあかりが灯るだけで安全ですし、防犯対策にもなります。
門柱灯も種類はとても豊富で、デザイン性のある壁付けタイプをつけたり、間接照明タイプでおしゃれに照らしたり様々!
こんな風にしたいなど、理想のイメージがあればぜひご相談くださいね。

5-2

門柱の印象で外観のイメージは大きく左右されます。
エクステリア専門店だからこその豊富な知識とノウハウを活かして皆さまによりよいご提案をさせていただきます!

2回にわたり門柱についてお話しましたが、少しはイメージが膨らみましたでしょうか?(^^)
次回のブログでは門まわりにとてもこだわられ、実際にメーカー様のコンテストの門まわりの部門で見事入賞した事例をご紹介いたします! 更新をお楽しみに。

2022.06.16  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
エクステリアの中でもこだわられる方の多い門柱。門柱を設置するとどんな効果があるのか?
今回は門柱の基本を解説いたします。

■門柱とは?

 

門柱とは玄関先にある独立した壁状の構造物のことで、家の敷地と外の境界に取り付けることが一般的です。
門柱には表札やポスト、インターホンなど門周りに必要な部材を取り付けます。
おうちによって、門柱の大きさやデザインなどバリエーションは様々!
おうちの顔である玄関先を華やかに彩り、家族や来客者を迎えます。

4-1

■門柱を設置する2大メリット

 

①プライバシー確保ができ、防犯面で安心

ポストやインターホンが門柱にあることで、郵便配達時の時も家の敷地内・玄関先まで入って来られずに済みます。
玄関のすぐそばにリビングの掃き出し窓があるおうちは多いですし、敷地内に入られることに抵抗がある方は多いですよね。
セールスなどの見知らぬ訪問者も敷地の外でシャットアウトできると安心です。

4-2

②豪華な外観に見え、見た目の印象が良くなる

門柱があることでエクステリアにまとまりが生まれ、おうちの顔として華やかな印象をもたらします。
建物のデザインと色柄や素材を合わせたり、エクステリアのアクセントとしてデザイン性にこだわったりなど自由にコーディネートが可能です。

門柱にこだわるだけでも、外観全体の見た目がビックリするほど変わります!
1度作ればなかなか壊すことはないので、ぜひ力を入れてコーディネートすることをおすすめします。
いろんなところに予算かけるよりは、門柱をある程度つくるだけでもおうちの印象がグッと良くなりますよ(^^)/

2022.06.14  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの上白川です。
橘では日々の皆さまへのご提案に活かせるよう、専門資格を持ったスタッフが多数在籍しています。
今回は当社スタッフがどんな資格を持っているのかを一部ご紹介いたします。

■どんな資格を持つスタッフが在籍しているの?

 

3-1

2022年6月現在、当社のスタッフが取得している資格はこちらです。
・1級エクステリアプランナー
・2級エクステリアプランナー
・2級建築士
・ブロック塀診断士
・2級土木施工管理技士
・2級カラーコーディネーター
・2級建築施工管理技士
・2級造園施工管理技士

エクステリアは建築、土木、造園など様々な分野と結びつきが強く、プランのご提案や施工管理のためには幅広い知識が要求されます。
エクステリアプランナーであれば是非取得しておきたい、エクステリアプランナー資格はもちろん、建築士や土木施工管理技士を取得しているスタッフも在籍しています。

■専門知識に裏付けされた安心の提案・施工へ

 

3-2

エクステリアプランナー資格は1級・2級に分かれており、特に1級は住宅の外構全般の設計・工事・監理を行える専門知識と技術があってこそ取得できる資格です。
当社のプランナーは全員がエクステリアプランナー資格を取得しており、3名が1級を取得しているんですよ(^^)/

エクステリアプランナー資格だけでなく、施工・設計・デザイン提案など様々な分野においてバランスよくスペシャリストが在籍していることで、専門知識に基づいた幅広いプラン提案と安心な施工へ繋げられる強みがあります。

資格取得だけでなく、各メーカーが行う商品知識向上のための講座や研修に参加し、認定証・登録証を保持しています。
日々新しい情報がアップデートされる中で、皆さまにとってよりよいエクステリア工事に繋がるよう、スタッフ一同知識をブラッシュアップしながらご提案に努めます。

2022.06.09  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
5月のブログではウッドデッキの活用法やプランニングの際のポイントについて解説をいたしました。今回はウッドデッキの素材として主流の人工木製のウッドデッキの良さをご紹介いたします。

■人工木ウッドデッキとは?

従来の天然木製のウッドデッキは自然素材ゆえに、劣化しやすくメンテナンスに手が掛かってしまうことが弱点でした。このデメリットを改善し作られたのが人工木です。人工木は樹脂に木粉を配合して作られた素材で、天然木に比べると多くのメリットがあります。使い勝手の良さから現在はウッドデッキを中心に広く普及しています。

2-1

■人工木ウッドデッキの2大メリット

①耐候性に優れている
一番のメリットは何といっても耐候性(※1)の高さです! 樹脂と木粉を混ぜた素材なので雨や湿気などに強く腐食しづらいのが特長です(その分、夏は表面温度が高くなりやすいのでお気をつけくださいね!)。人工素材ゆえにシロアリによる被害を受けにくいのも嬉しいポイントです。天然木に比べると色褪せしにくいので美観もキープできますよ(^^)

②メンテナンスが手軽
常に外部にさらされている部材なので、天然木の場合は木材を保護する塗装を定期的に施す必要があります。一方で人工木の場合は表面に汚れが付着した際に汚れを落とすくらいで大丈夫です。たまに水洗いをしたり、汚れがひどい場合にはたわしやデッキブラシで掃除したりしていただくとキレイな状態を保つことができます。

2-2

メンテナンスの手間を省きながら、長くお使いいただきやすい人工木ウッドデッキ。大きさやカラーバリエーションも豊富なので、ご要望や用途に合わせてご提案させていただきます(^^♪ 昔の商品に比べると見た目も本物の木のような風合いになっているんですよ! ぜひショールームにてご体感くださいね。
※1耐候性…建築資材を屋外で使用した際に、紫外線、温度、雨風などによる劣化や変質の起こりにくさ