いろんな情報をお届けします! スタッフブログ
2022.11.29  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの上白川です。
今月3回にわたってお届けしてきたカーポートのお話も今回が最終回です。
ラストはカーポートの人気商品とその特徴をご紹介いたします!

■エフルージュツインFIRST/どんな家や車にもマッチするスタンダードな人気商品

8-1

一つ目にご紹介するのはYKKAP社の「エフルージュツインFIRST」です。
(ツインは2台用ですが、1台用の大きさもご用意があります。)エフルージュシリーズの特徴は、どんな家や車にもマッチしやすいスタンダードなフラットデザインと、一般地で使うには申し分のない強度です。
コストを抑えながらもデザイン・性能ともに満足度が高い商品で、カーポート選びに迷った方にはまずオススメ出来る人気のカーポートです。

■ジーポートPro/デザイン・耐久性どちらもこだわるあなたへ

8-2

二つ目にご紹介するのはYKKAP社の「ジーポートPro」です。
ジーポートPro(旧モデル名:レオンポート)はデザインや耐風・耐積雪などあらゆる基準において高い基準を誇るハイグレードカーポート!

光を通さない屋根のシックなデザインにプラスして、部材の一部を木調に変更することもできます。
木調を選ぶことで、より住宅に調和したデザインを叶えます。優れた強度があるので強風地にお住まいの方はもちろん、耐久性と意匠性両方にこだわる方にはイチオシの商品ですよ。

8-3

■カーポートSC/シンプルでスタイリッシュな見た目に指名買い多数!

8-4

最後にご紹介する人気商品はリクシル社の「カーポートSC」です。
カーポートSCの魅力はなんといっても、ノイズを無くしたシンプルで美しいデザインです。
アルミ素材を用いることで錆びにくく、スタイリッシュな見た目を叶えています。

こちらもジーポートPro同様光を通さない屋根なので、日よけ効果が高く紫外線の劣化が気になる方にはおすすめです。
カーポートSCはデザイン性の高さから、指名でのご見学や購入も多い商品なんですよ(^^)

当社の展示場にも今回ご紹介したカーポートの展示がございますので、実際の大きさや雰囲気をご体感いただけます。
ぜひ実物をご覧いただきながらイメージを膨らませてみてくださいね。詳しく知りたい方はお気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

2022.11.24  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。
前回のブログではカーポートの役割や用途についてお話しました。
今回は実際にカーポート選びをする際に、知っておきたいポイントについて解説をいたします。

■カーポートを選ぶ際の基準とは?

ひとくちにカーポートと言っても種類は多く、どれを選べばいいか分からないという方も多いですよね。
カーポートを選ぶ際には、下記の3つのポイントを基準におうちに合う商品を選んでいきます。

7-1

1.停める車の台数/駐車方法(並列・縦列)
2.サイズ(幅・奥行・高さ)
3.性能とデザイン(耐風・耐積雪・屋根の素材や見た目)

まずは必要な台数や停め方を整理し、それに応じてふさわしいサイズを選びます。
1,2台分のスタンダードなタイプだけではなく、3,4台停められる大型タイプもございます。
ご家族皆さん分の車の台数を停めると結構な台数になりますよね。

おうちに合うサイズを確認したのちに、その中からカーポートの屋根デザインや性能を確認し選定します。
光を通す屋根か、通さないタイプか、耐風性の強さなどです。
強風地に住んでいる方には耐風性の高い商品がおすすめですし、敷地条件や駐車場のスペース・駐車のしやすさを考慮して足の本数を選ぶこともあります。

7-2

具体的な商品選びについては、担当プランナーがお客様のご要望や敷地状況、ご予算を踏まえておすすめの商品をピックアップさせていただきますのでご安心くださいね。
次回のブログではカーポートの3大人気商品をご紹介いたします。
カーポートをご検討中の方はぜひ併せてご覧くださいませ。

2022.11.22  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
当社のエクステリア工事でもご要望の多い商品のひとつがカーポートです。
設置の際に工事を伴うカーポートは簡単に入れ替えが出来ないため、お客様宅に合った商品を選んで駐車場を快適に変えていただければと思います。
今回はカーポートの役割と、上手く活用した事例をご紹介いたします。

■カーポートを設置する目的は?

6-1

カーポートの役割は大きく2つあり、ひとつは愛車を雨風や雪・紫外線から守ること、もうひとつは雨天時の出入り時に濡れなくて済むことです。
屋外に車を置いておくと雨風に曝されるため汚れやすくなり、寒さの厳しい時期には車に雪が積もったり霜が降りたりもします。
冬の寒い朝に霜が降り凍った車のフロントガラスにお湯をかけて……なんてご経験がある方も多いのではないでしょうか(^^)

また、雨天時に濡れずに出入りできるのは大きなメリットです。
特に小さなお子さまがいらっしゃるご家庭や、荷物が沢山ある時にはとても助かりますよね。

車をよく使われる方にはぜひ設置していただきたいカーポートですが、設置を迷われている方は後付けも可能です。
ご依頼時に後付け希望の旨をお伝えいただければ、工事の際に後付け設置がスムーズに出来るような下準備をあらかじめいたしますので、ご安心くださいね。

■大きめのカーポートを採用して雨の日も快適に!

6-2

大きめのカーポートを取り入れ、便利な動線設計を叶えた事例をご紹介いたします。
O様邸では車3台分が停められるカーポートを採用されました。

車を停めていてもゆったり乗り入れできるスペースがあり、カーポートの中に門柱とアプローチを作られました。
門柱とアプローチまで屋根があると雨の日も濡れずに出入りできるので、天候に左右されず快適にお過ごしいただけます。

カーポート=駐車スペースとは限りません。屋根がある利点を活かしてO様邸のように色んなご提案ができるので、気になる方はぜひプランナーにご相談くださいね。
次回のブログではカーポートの選び方をご紹介いたします。
ぜひ併せてご覧くださいませ!

2022.11.19  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です。
インタビューの後半では谷岸のプライベートな様子や他のスタッフからの印象も聞いてみました!

5-1

■休日の過ごし方や最近ハマっていることは?

ミニ四駆にハマっています。ミニ四駆はモーター付きの小型自動車プラモデルで、実際に専用のコースで走らせることが出来ます。休日にミニ四駆の組み立てや専門店でのコース走行を楽しんだりしていると、あっという間に半日や一日過ぎてしまいます。

始めたきっかけは、2年半ほど前に実際に知り合いからの誘いでした。最初は長続きしないかと思っていましたが、意外とハマって今はすっかり趣味のひとつになりましたね(^^)

5-2

■他のスタッフに聞いてみた!谷岸ってこんな人

愛嬌抜群の愛されキャラ
いつも笑顔で周りを和ませてくれる方です。親しみやすい人柄で気さくにお話してくれますし、頼みごとをお願いした時にはいつも快く手伝ってくださります。ちょっと抜けているところもありますが(笑)、そんなところも憎めない皆から愛されるキャラです(^^)

お嫁さんにしたい!
とても気配りが出来る方で、まさにお嫁さんにしたいタイプ!(笑) 一緒に仕事をしていても、周りをよく見ていて細やかなところまで気が付く方なので、いつも助けられています! 気が利くのはスタッフに対してだけでなく、現場の施工やお客様対応にも繋がるところで、彼の丁寧な仕事ぶりには社内外から高い評価があります。

次月のインタビューでも引き続き工務スタッフのインタビューをご紹介予定です。更新をお楽しみにお待ちくださいね!

2022.11.18  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です。

今月のスタッフ紹介は工務谷岸のインタビューをお届けいたします。どうぞお楽しみください(^^)/

■現在担当している仕事内容を教えてください

当社でご依頼いただいた新築やリフォームのエクステリア工事の施工を担当しています。

4-1

■仕事をする上で心掛けていることは?

小さな工事ひとつでも誠心誠意、丁寧に施工することを心掛けています。一口にエクステリア工事といっても単品工事から大規模工事まで様々ですし、新築とリフォームでも全然違います。一邸一邸の状況に合わせて細やかな部分まで気を配りながら、施工チーム皆でお客様の大切なおうちを手掛けさせていただきます。

■仕事を通じて嬉しかったことは?

お客様から感謝のお言葉をいただいた時や、喜んでいただく時には嬉しく思います。また、施工中の現場が少しずつ形になり、お引渡しをする時にはいつも達成感を感じますね。エクステリア工事はお客様宅によって個性が出る部分でもあるので、新しい現場を経験するたびに新しい発見があり、学びに繋がります。

4-2

■橘のいいところを教えてください

 

親しみやすいスタッフばかりで、社内の雰囲気がいいところです。何か困ったことがあった時もお互い協力したり助け合ったり、悩み事なども相談しやすい環境にあります。新卒で入社し今年10年目を迎えますが、こうして長く続けられているのも人間関係や社内の雰囲気がいいおかげです!

 スタッフ紹介インタビューは後半に続きます。後半ではプライベートの様子などもお伺いしてみました(^^) 更新をお楽しみに!

2022.11.10  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です。
11月に入りあちこちで樹の葉が紅く色づいている様子を目にします。
皆さんは紅葉狩りに行ったり、紅葉が楽しめるお寺や公園に足を運んだりするご予定はありますか?
今回は秋の訪れを感じられるような、おうちで紅葉を楽しめるオススメの植栽をピックアップしてご紹介いたします!

■おうちで紅葉を楽しむのにぴったり!オススメ樹種2選


①モミジ

3-1

ひとつめにご紹介するのは、紅葉といえば皆さんが真っ先に思い浮かべるであろう、定番の樹種「モミジ」です。切り込みが入った特徴的な葉の形が美しく、華やかに庭を彩ります。モミジは和風・洋風問わず様々なテイストの外観に合うため、庭木として取り入れやすいのも嬉しいポイントです。

②ヤマボウシ

3-2

もうひとつのオススメ樹種は「ヤマボウシ」です。ヤマボウシは手入れがしやすく、春には白い花を楽しめることからシンボルツリーとしても人気が高い樹種のひとつです。つやっと光沢のある葉は、秋には赤々と色づき紅葉を楽しめます。葉が大きいので落葉した時の掃除もしやすいですよ。

3-3

■紅葉を楽しむには庭のどこに植えるべき?

せっかく素敵な植栽を植えるなら、紅葉を楽しめる場所に植えたいですよね。
植える場所としてふさわしいのは玄関までのアプローチ部分、もしくはリビングやダイニングから見える窓の外の2箇所です。

玄関まわりは家の顔とも言える場所で、毎日の出入りの時に目が行きます。
建物のそばに植栽があることでおうち全体の雰囲気をより華やかに見せ、視線が上を向くことで建物を大きく見せる効果もあります。

3-4

リビングやダイニングの側に植える場合は、室内で過ごしている時に紅葉を楽しむ位置になります。
おうちでリラックスして過ごす時や、食事をしている時に美しいグリーンや紅葉が見えると癒されますよね。

室内から紅葉を楽しみたい場合には、その先の視線にも注意することが必要です。
隣の家の窓や交通量の多い道路がある場合、通行人と視線が合わないか、目隠しを作るかどうかなど長く住むにあたって気持ちよく眺めを楽しめるような配慮が大切です。

3-5

グリーンや紅葉を楽しみたいという方は、庭の状況やお好み・ご要望に合わせてぴったりの樹種をご提案いたしますので、お気軽にご相談くださいね。

2022.11.08  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
当社には徳島県最大のエクステリア総合展示場があります。カーポートやテラス屋根などの大型商品から、ポスト、表札などの小型商品まで屋外と屋内に展示スペースを設け、商品をご覧いただきながらエクステリアづくりのイメージを膨らませていただけます。

今回はエクステリアの計画の際に、展示場で商品を見学するメリットについてお話いたします。これからエクステリア工事をお考えの方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

2-1

■使用シーンを想定した商品選びができる

カタログで商品を見るのと違い、展示場で実物の商品を見学する大きなメリットは体感が出来ることです。

たとえば、実物の大きさを確認することで、具体的な使用シーンを想定しながら商品選びができます。カーポートであれば車を駐車した時のイメージが湧きますし、倉庫であれば収納したい道具を収納するスペースの幅や奥行きを目で見て確かめられますよね。

当社にはサンルームの屋外展示があり、実際に中に入っていただくことも可能です。広さの確認はもちろん、夏や冬に閉め切った時の暑さ・寒さなど実際の使い心地をご体感いただけます。

■色味や質感を確かめてイメージに合うものを選べる

「カタログで見たものと実物はイメージが違った」こんな経験はありませんか? 展示場での見学は商品の色味や素材の質感を確かめられるのも大きな利点です。ツヤ・マットなどの質感はカタログでは分かりづらく、特に塗り壁などの塗装系は実物を見てこそ良さが分かります。

2-2

デッキや人工芝も色味を見たり素材感を確かめたりしていただくことで、質の良さをご体感いただけます。人工芝は経年変化の様子もご覧いただけますよ(^^)

カタログ上でも商品写真は見られますし高さや幅などの数値は確認できますが、実物を見ることでご自身の目で確かめた分、納得のいく商品選びに繋がります。

屋内・屋外ともに多くの商品を展示していますので、見学するだけでも理想のイメージが膨らみます。ご見学のみも大丈夫なので、気になる商品がある方やこれからエクステリア工事をご検討の方はお気軽にご来店くださいね。(※スムーズなご案内のために来店時には予約をおすすめしております。)スタッフ一同ご来店お待ちしております!

2-3

2022.11.03  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。
10月のブログではガーデンルームについて詳しくお話しました。今回はガーデンルームを取り入れ、理想の庭を実現されたリフォーム事例をご紹介いたします

■Before

1-1

1-2

庭の畑で野菜を育てたり、ガーデニングを楽しまれたりするのが趣味のS様。庭への行き来が多いため、もっと快適にアクセスできるような工夫を凝らしたいと庭のリフォームをご検討されました。そこで、リビングと庭をつなぐような空間のガーデンルームを設置したいとご要望をいただき、工事を手掛けさせていただくことになりました。

S様邸のおうちは庭に面しているリビングの窓が腰窓でした。ガーデンルームを設置し、リビング側から庭に繋がるような空間を作るには、まずは腰窓を掃き出し窓に変えるリフォームを行っていただく必要がありました。掃き出し窓へのリフォームが完了し、いよいよ庭のリフォームに入ります!

■After

1-3

1-4

採用したガーデンルームはリクシル社の「ココマ」です。タイルテラスにココマを設置し、リビングの延長のような空間に仕立てました。腰壁があるガーデンルームなので、リビングの掃き出し窓の目隠しにもぴったり。道路沿いにはフェンスを設置し、テラス席でも人目を気にせずにゆっくりと過ごせる憩いの場となりました。

1-5

1-6

畑から室内に行き来する途中の動線には、野菜を洗うためのシンクスペースを設けました。ここで採れたて野菜の泥を落とせるので畑仕事も快適です。日よけのために天井部分にはロールスクリーンを設置し、紫外線が気になる時も外で心地よく過ごせるような工夫をこらしています。室内へ出入りする部分の床には、可愛いらしい色合いの石を敷いてアクセントに! 奥さまのセンスが光る素敵な装飾です(^^)

1-7

畑とガーデニングスペースを分けて、シンプルながらもガーデニングが楽しめるような、お手入れがしやすい配置の庭になりました。外観カラーや明るい木目調のガーデンルームと合わせて、庭のアプローチやレンガも温かみのあるカラーで統一し、まとまりのある空間に仕上がりました。S様この度はありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

ココマについて詳しく知りたい方は、こちらのブログもご覧ください▼
室内と庭をつなぐ快適空間、ガーデンルームの人気商品3選
https://www.tachibana-exterior.com/室内と庭をつなぐ快適空間、ガーデンルームの人気商品3選!後編