いろんな情報をお届けします! スタッフブログ
2022.07.28  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です。
前回に引き続き井上のインタビューをお届けいたします。後編ではプライベートなお話もちょっぴり聞いてみました(^^♪

■橘の社内の雰囲気を教えてください

 

8-1

どのスタッフの方も皆さん親しみやすくて優しいです! 特に入社したばかりの頃は分からないことも多くいろんなことを質問していましたが、皆さんとても親身になって教えてくださります。いつも聞いた以上の回答が返ってきて、勉強になっています。

■休日の過ごし方や最近ハマっていることは?

 

8-2

韓国カルチャーが大好きです! コロナ禍になる前は実際に韓国に足を運んで、旅行を楽しむこともありました。最近は動画配信サービスで映画やドラマを見て、おうちでゆっくり過ごしています。

最近ハマっているのは「秘密の森~深い闇の向こうに~」という韓国ドラマです。ハラハラドキドキ系のストーリーが面白くて、ついつい見入ってしまいます。サスペンス系がお好きな方は是非チェックしてみてくださいね(^^)

8-3

■他のスタッフに聞いてみた!井上ってこんな人


穏やかで癒し系

柔和な雰囲気を持っている癒し系のスタッフです! 穏やかな方で、一緒にいると自然とその場を和ませてくれます。上白川とはまた違ったタイプの女性プランナーが入社してくれたのは嬉しいですね。

真面目で頑張り屋さん
どんなことに対しても、いつも真面目に素直に取り組んでくれています。くれぐれも頑張りすぎないでね!(笑)

8-4

2022.07.26  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です
今月のスタッフ紹介は、プランナーの井上のインタビューをお届けします。どうぞお楽しみください!

■橘への入社のきっかけは?


新卒で入社して現在1年4カ月ほどになります。形に残るような仕事に魅力を感じ、就職活動をしていました。そんな中で当社のエクステリアプランナーとして採用をいただくことになりました。

7-1

就職活動をしていた2020年~2021年にかけてはコロナ禍の真っ只中で、基本的にオンラインでの活動で、最終面接の際にようやく来社し直接お話することができました。大変な時期の就活だったので印象深く、ご縁をいただけたことに感謝しています。

■現在の担当業務を教えてください


ご来社いただくお客様の対応やプラン作成のサポート業務を行ったり、先輩方に同行をしながら現場に足を運んだりしています。プランナーとして独り立ちするために、業務をこなしながら日々勉強に励んでいます。

■仕事を通じて嬉しかったことは?

 

7-2

先日、お引渡しを終えたお客様のおうちを見た時に、プランと同じ家が出来上がっているのを初めて目の当たりにして嬉しくなりました! ごく当たり前のことなのですが、その方のおうちは自分が初めて図面作成や見積もり作成のサポートをした物件だったこともあり、「本当に同じものが仕上がるんだ」と実感が湧き、嬉しくなったと共にやりがいを感じました。

■目指すプランナーの姿を教えてください

 

7-3

いつもお客様に寄り添い、より豊かな暮らしをつくるサポートが出来るようなプランナーを目指していきたいです!

インタビューの後編ではまた違った視点から井上のことをご紹介してまいります。更新をお楽しみに(^^)/

2022.07.21  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
前回のブログではエクステリア照明の基本の役割について解説をしました。
今回はその中でも、外観の意匠性を演出する照明の使い方に着目しながらご紹介をいたします。
おうちの外観をかっこよく演出したいという方は是非最後までご覧くださいね。

■外観の意匠性を高めるエクステリア照明3つのポイント


①照明器具を見せない

6-1

照明器具を隠すことで間接照明を用いたようなシックで高級感のあるエクステリア空間を演出することができます。直接光が当たらないため、優しく光が広がり落ち着いた雰囲気になります。灯具を隠すだけでも洗練された空間になりやすいので、手軽に出来てとてもおすすめの手法です。

②植栽や壁を照らし、陰影を出す

6-2

凹凸のある門柱や外壁の素材を照らすことで、表情豊かな陰影が生まれ空間のアクセントになります。
壁面や門柱だけでなく、植栽を照らすことで植栽をオブジェのように魅せることもでき、華やかな印象になります。

6-3

③照らす方向を工夫する
下から照らすことで、ゆったりと上質な雰囲気を演出することができます。低い位置にあかりがあることで落ち着きを感じやすくなるので、くつろいだ雰囲気を演出したい時には下から照らすのがポイントです。

エクステリア空間にこだわりたい方は、照明を工夫することで住まいの魅力はアップし、他のおうちとは一線を画すワンランク上の上質な空間に変わります。
今回ご紹介したのはほんの一例です。
ご要望やおうちの状況に合わせて一邸一邸オーダーメイドでプラン作成いたしますので、照明にこだわってみたい方はぜひお気軽にご連絡くださいね。

6-4

2022.07.19  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
夜自宅に帰るとき、アプローチや玄関ポーチにあかりが灯っているとホッとしますよね。
夜に周りのおうちを見渡していただければ分かりますが、エクステリア照明はその家によって取り入れる度合いが様々で、必要最低限の照明のおうちもあれば、意匠性に富んだ景観を演出しているおうちもあります。
今回はこだわると奥が深いエクステリア照明についてお話します。

■エクステリア照明の必要性

5-1

エクステリア照明とは玄関や門柱、植栽を照らすためのものなど屋外用の照明器具の総称です。その役割とは下記の3つが代表的なものになります

①周囲を照らし安全性を保つ
エクステリア照明の基本の役割が、暗い周囲を明るく照らし安全性を保つことです。表札を照らす門柱灯、駐車場、駐車場から玄関までのアプローチ、玄関ポーチなど夜の帰宅時などに必要な動線を照らします。安全性を確保しながら、家族やゲストを迎える基本のあかりです。

②防犯対策
夜歩いていて、パッと人感センサのあかりが点くとびっくりしますよね。不審者が住宅侵入の犯行をあきらめた理由の第2位は「センサライトがついていた」ということが日本犯罪心理学会の調査で明らかになっています(※1)。

5-2

夜間に照明がついていない真っ暗な家と、照明がついている家とどちらの方が狙われやすいかは一目瞭然ですよね。センサライトを搭載していなくても、夜間に照明がついているだけで防犯効果は高まります。

③意匠性の演出
外観の印象を大きく左右するのがエクステリア照明です。夜の景観がかっこいい家はそれだけで見栄えがよく、上質な印象を与えます。エクステリア照明はこだわっている家があまり多くないからこそ、他の家と差別化し意匠性に富んだ外観を演出することができます。

次回のブログではエクステリア照明のデザイン性に焦点をあてて解説をいたします。
更新をお楽しみにお待ちくださいね。

※1…出典:日本犯罪心理学会第40刊特別号『防犯心理学の基礎的研究Ⅱ~犯人の視点、住民の視点~』樋村恭一、渡邊和美、 住宅対象侵入半への聞き取り調査より

2022.07.18  ご挨拶・お知らせ

こんにちは。スタッフ宮本です。

昨年より少しずつですが、
打合せスペースの改装を行っています。

<before>
1_5131_511

<after>
IMG_9868 IMG_9864

机や椅子をはじめ、壁の塗装
棚のレイアウト変更をしたりなど、、、
お客様がより快適にお打合せできるようにと
スタッフ一同、試行錯誤を重ねております。

前回と雰囲気変わりましたか?
机や椅子が変わってる!などたくさんのお声を頂きました。
少しずつの変化を感じて下さってありがとうございます(^^)

皆様のご来店心よりお待ちしております♪

2022.07.14  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。
前回のブログでは工事開始から工事中の流れについてお話しました。
当社は施工品質にもとてもこだわり、質の高い施工をご提供し続けています。
今回は当社の施工の質がなぜ高いのか、そのこだわりについて深堀をいたします。

■社内にある施工チームと一丸となって工事を進められる

4-1

エクステリア業界では「設計は自社で行い、施工は下請けに発注」というケースがよくありますが、当社は施工部門を社内に設け、施工まで一貫して自社管理の元で行います。
社内に施工チームがあることでコミュニケーションを密に取ることができ、些細なことでもすぐ情報共有ができます。
連携が取りやすいため円滑な工事に繋がり、小回りが利きます。

また、協力業者様は先代からお付き合いがある職人の方が多く、信頼のおける熟練の職人の方ばかりです。
ワンチームとして工務スタッフとともに一丸となって大切な現場を作り上げます。

■しっかりとした施工基準があります

4-2

当社で設けている独自の施工基準は細部にわたります。
品質管理ファイルを作成し、高品質で均一な施工が出来るように努めています。
例えば、タイルとコンクリートの突き当ての処理や、コンクリートの傾斜まで配慮をするなど細やかなところまで配慮を欠かしません。

さらにコンクリートに入れるワイヤーメッシュは特殊なものを使用したり、目地には目立ちにくいグレーのオリジナル品を使用したりしています。

どんなに設計が良くても、それを実現できる施工力が無ければいいエクステリアは完成しません。
橘は設計だけでなく細やかなところまで配慮の行き届いた丁寧な施工、工務スタッフや職人の方の関係づくりを大切にしながら質の高い施工を維持し続けます。

2022.07.12  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。
橘で理想のエクステリアが完成するまでの一連の流れをご紹介するこのシリーズも、いよいよ終盤です。今回は工事開始から工事中の流れについてご紹介します。

 

■工事前には近隣のお宅へご挨拶を

 

3-1

資材を調達し、工務スタッフとの打ち合わせが完了次第いよいよ工事に着手します。工事が始まる前には近隣のお宅へご挨拶に伺います。特にリフォーム工事の場合は解体工事が伴うこともあり、騒音が発生したり粉塵が舞ったりする場合があります。そのような時にはご迷惑をおかけしてしまう可能性もあるため、周囲の皆さまへの周知を必ず行います。

 

■充実のサポート体制で工事中も安心!

 

3-2

工事は基本的に屋外での作業になるので、お客様には普段と変わらずにお過ごしいただけます。車を駐車するスペースのご相談や、コンクリートを施工したばかりで固まっている途中などで注意が必要な時には随時ご連絡いたします。

現場には状況に応じてホワイトボードを置いて連絡事項や工事の進捗状況をお伝えしているので、そちらでもご確認いただけます。また、必要に応じて仮ポストやインターホンなどもご用意しております。

自宅が工事中となると、どうしても落ち着かない状況になるかもしれませんが、必要なことはしっかり情報共有しますのでご安心くださいね。何かご不安なことがあればいつでも担当までご連絡くださいませ。一邸一邸心をこめて、大切に工事をいたします。

2022.07.07  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの上白川です。
前回のブログでは日よけ・暑さ対策としてシェードをご紹介しました。ウッドデッキやテラスと合わせて使えるおすすめ商品はシェードだけではありません! 今回はもうひとつのイチオシ商品、テラス屋根をご紹介します。

 

■ぜひ設置したい!テラス屋根の嬉しい4つのメリット

 

2-1

テラス屋根とは窓から繋がる部分に取り付ける屋根のことです。洗濯物を干すスペースに取り付けたり、ウッドデッキやテラスの上部に設置したりして、外で過ごす憩いの時間を快適な空間に変えるサポートアイテムです。

今の暑い時期はテラス屋根を設置することで、日差しをカットして室内に差し込む日射やウッドデッキを快適に過ごすための日よけとしても使えますが、シェードと違いテラス屋根は屋根があるからこその様々なメリットがあります。

2-2

①雨やフン害から洗濯物を守る
洗濯物を干していた時に、急な雨が降ってくることありますよね。テラス屋根があれば急な雨が降った時にも洗濯物が濡れずに安心です。庭や屋根先に止まった鳥によるフン害からも洗濯物を守ることができます。

②パネルをプラスしてプライバシー確保
テラス屋根に前面パネルをプラスすることで、周りからの視線を遮りプライバシーを守ることができます。洗濯物や外からリビングの中が見えないようにするための目隠しとしても使えます。

2-3

③ウッドデッキやテラスで過ごす時間を快適に
外で過ごす場所に屋根があると、日差しや雨風から空間が守られ快適に過ごすことができます。特にテーブルセットなどを置くテラス席を作ったり、お子さまの遊び場として活用したりする場合には屋根があると安心ですよね。

「せっかくタイルテラスやウッドデッキを作ったのに、外が暑すぎて使えない!」となっては勿体ないので、ぜひテラス屋根を設置して快適な空間を過ごしていただければなと思います。

2-4

④ウッドデッキの劣化を防ぐ
テラス屋根は雨風を防ぐのはもちろん、紫外線をカットする効果もあります。タイルテラスで過ごすときや室内に差し込む紫外線防止だけでなく、ウッドデッキなどの外廻り部材を紫外線から守る効果もあります。紫外線は劣化の大きな原因になるのでこちらも嬉しいメリットです。

テラス屋根はとても種類が豊富なので、お客様のご要望や用途にあったタイプをご提案させていただきます! タイルテラスなど庭を楽しむスペースをご計画中の方には、とてもオススメの商品なのでぜひご検討くださいね(^^)

2022.07.05  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの上白川です。
あっという間に梅雨が明けたと思ったら、この頃はうだるような暑さが続く毎日です。皆さん体調は崩されていませんか? 今回はこのような暑い季節にぜひ取り入れていただきたい、おすすめの商品を2回に分けてご紹介いたします。

 

■夏の暑さの74%が窓から入ってくる!

 

1-1

1-2

(画像出典:YKKAP)

夏は室内がとても暑くなりますが、その暑さはどこから入ってくるかご存知でしょうか? 実はその多くは窓から入ってくるんです。そのため、窓の外から熱を遮ることが夏の室内を快適に過ごすために重要なポイントになります。

昔ながらのすだれやよしず、へちまなどのグリーンカーテンという方法もありますが、見た目や手軽さを考えると少し使いづらいですよね。そこでおすすめなのがサッシメーカーが商品化している外付けシェードです。外付けシェードは壁に設置して、必要な時に引き出して使える優れもの! 窓回りに設置して室内の暑さ・日焼け対策として使えるのはもちろん、室内に入る熱を防ぐことで冷房効率もよくなります。

 

1-3

 

■ウッドデッキにプラスして屋外空間をより豊かに

 

外付けシェードは窓回りに取り付けるだけでなく、ウッドデッキやテラスなどにプラスすることで、屋外で過ごす空間をより快適に過ごすことができます。暑さ・紫外線対策が出来るだけでなく、周りからの視線を遮り目隠しができます。テラス席でゆっくり過ごしたい時や、お子さまをウッドデッキで遊ばせる時にもおすすめです(^^)

1-4

使わないときにはロールスクリーンのようにくるくる巻いて収納できるので、おうちの美観を損なうこともありません。今はコードレスの掃除機が主流になってきましたが、従来型の掃除機のコンセントのように格納できるイメージです(笑) これからは台風の多い季節になるので、雨風が強い日はおうちのシェードの収納を忘れずにお願いします!

1-5

メーカーによってシェードの生地の素材、柄の有無、シェードの内側から透けて見えるかどうかなど様々な違いがあります。設置したい場所や目的に合わせてぴったりのシェードをご提案いたしますので、お気軽にご相談くださいね。