いろんな情報をお届けします! スタッフブログ
2022.05.31  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です。
前回に引き続き上白川のインタビューをお届けいたします。
後編ではプライベートなお話もちょっぴり聞いてみました♪

■趣味や普段のリフレッシュ方法は?

8-18-2

最近はコロナ禍でなかなか行けませんが、旅行が好きです。
イタリアやスペインなどヨーロッパを満喫しましたが、なかでもスペインがとても良かったです。
サグラダファミリアなど、そびえ立つガウディの建築物を目の前にした時には感動しました!
機会があれば是非また足を運びたいですね。

8-3

この頃は旅行に行けない分、入浴剤にこだわりながらゆっくりお風呂に入る時間がリフレッシュの時間です。
入浴剤を色々試しながら楽しんでいますが、最近は良い香りのボトルの入浴剤にハマっています(^^♪
オススメの入浴剤があれば、是非ご一報くださいね!(笑)

8-4

■他のスタッフに聞いてみた!上白川ってこんな人

とても聞き上手
聞き上手なので話していて心地いいですよね。
お客様のこだわりを引き出すのにも長けているので、お客様の話に丁寧に耳を傾けていると、話が盛り上がり打合せの時間がビックリするほど経っていた!なんてこともあります(笑)

気遣いが素晴らしい
細かなところまで行き届いた丁寧な対応はさすがです。
分からないところがあっても、細かく丁寧に教えてくれていつも感謝しています!

8-5

次月以降も少しずつ当社スタッフのインタビューをご紹介します。次は誰のインタビューか予想しながら楽しみにお待ちくださいね!

2022.05.26  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です。
第二弾のスタッフ紹介は、女性ならではの細かな提案に定評がある設計長の上白川のインタビューをお届けします。どうぞお楽しみください(^^)/

■現在の担当業務を教えてください

プランナーとしてお客様のご相談からプラン設計、現場管理までワンストップでエクステリア工事をサポートいたします。

7-1

■仕事をする上で心掛けていることは?

「自分の家だったらどうするだろうか」と考えながらお客様にご提案しています。
ヒアリングを丁寧にして、ご家族構成や趣味、生活リズムなどを細部までイメージしながらひとりひとりのお客様に合う、長く使える暮らしやすいエクステリア空間づくりを心掛けています
お客様の想いを大切に、一緒にプランを作っていきます。

■プランナーのやりがい、嬉しかったことは?

お引渡しした時にお施主様の喜んでいただいている姿を目にすると、毎度のことながらやっぱり嬉しいですね!
お施主様と一緒にわたしも満面の笑みになっていますよ(#^.^#)
直接感謝のお言葉をいただける立場はとてもありがたく、やりがいを感じています。

7-2

■橘の良いところを教えてください

どのスタッフも皆いい意味で個性的で、それぞれの個性を活かしながらいい仕事をしているところです

例えば、わたしは曲線が好きなので、床の化粧の模様やアプローチのラインなどに曲線を使ったご提案をすることもよくあります。
曲線は作図にも設計にも時間がかかりますが、丸みを帯びたディテールは、空間をカジュアルに見せ、優しい印象をもたらします
他のスタッフに「また曲線使ってるね!」なんて言われることもあります(笑)

女性ならではの感性を活かしたプランニングが出来るのは、他のプランナーと差別化できるところかもしれません。
女性プランナーご希望の方にご指名をいただくこともしばしばありますよ(^^)

インタビューの後編は次回のブログでご紹介します。
前編とはちょっと違う雰囲気でお届けしますので、更新をお楽しみにお待ちくださいね(^^♪

2022.05.24  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
前回のブログではウッドデッキの活用法についてお話しました。今回は実際にプランニングする際に知っておきたいポイントをご紹介いたします。

6-1

■本当にあった!困ったウッドデッキ実例

当社でウッドデッキの追加工事やリフォームを承ることは多いのですが、「現状のデッキの使い勝手が悪くリフォームしたい!」というお声をしばしばお伺いします。

新築の際に住宅会社様からの提案でウッドデッキが設置されていることも多いようですが、プランニングはとても重要です。きちんとプラン設計をせず「とりあえず庭に設置」してしまうと、①道路から丸見えの場所で使いづらい ②動線が悪く使い勝手が悪い といった困ったことが起こります。

■ウッドデッキのプランニングポイント4選

①家の中からの動線を考える
ウッドデッキは室内から外に繋がるアクセスポイントであり、庭を楽しむための空間です。室内から行き来しにくい場所・使いづらい場所にデッキを設置してしまうと、せっかく設置したのに使わずにもったいない……なんてことになってしまいます。デッキを使う目的を明確にして、使い方によって動線や設置場所を検討します

②日当たりを考慮する
日当たりがよすぎる場合は日よけ対策が必要です。「せっかくデッキを設置したのに、年中日当たりがよくて暑くて使えない!」なんてもったいないですよね。特に南側の場合は日当たりが良いので、シェードを設置するなど夏場でも快適に使えるような工夫を凝らしましょう。

6-2

③外からの視線に配慮する
道路など外からの視線を考えて設置しましょう。外から丸見えになると、デッキでゆっくり過ごすのも憚られますよね。植栽やフェンスなどを上手に活用して目隠しをしたり、外からの視線が入りにくいような配慮が必要です。

④デッキ下部の仕上げ
盲点になりがちな下部の仕上げも忘れずに! 何もしないと、雑草が生えて手入れが大変になります。防草シート+砂利敷かコンクリート敷がおすすめです(^^)/

2022.05.19  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
暖かく過ごしやすい季節になると、お庭で過ごしたいというご希望が増えてきます。エクステリアの中でも追加で工事をされることが多いのがウッドデッキです。今回はウッドデッキの良さや活用方法について解説をいたします。

■外へのアクセスを増やす動線として

掃き出し窓のすぐそばに設置をすることで、室内から庭に出るきっかけの場所になります。庭で作業をする時にスロープや階段を設置して、行き来をスムーズにするための場所として使えますし、窓の外に洗濯物干し竿があればデッキを追加することで物干しの動作を楽にすることもできます。

5-1

■室内と外のイイトコ取りができる空間に

室内と庭をつなぐ場所として、庭で過ごす時間をより楽しく豊かにできるのはウッドデッキの大きな魅力です。庭の自然を感じながら室内の落ち着きを取れる空間として活用いただけます。デッキの上にテラス席を作って、家族との会話を楽しんだりBBQをしたり、セカンドリビングのような使い方は特に人気です。

小さなお子さまがいらっしゃる家庭であれば、デッキを遊び場にしたり、夏場はプールを出したりという楽しみ方もありです(#^.^#) お庭に比べてデッキであれば目の届きやすい範囲なので親御さんも安心ですよね。

5-2

こだわり派のあなたには、5/10の記事でもご紹介をしたガーデンルームを組み合わせて、より快適な屋外空間をつくることもオススメです♪ 次回はデッキを取り入れる際の注意点やポイントを解説いたします。

2022.05.17  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの上白川です。
前回のブログでは雑草対策としても有効なコンクリート敷施工のメリット・デメリットをお話しました。今回は橘がコンクリート敷施工の際にこだわる3つのポイントをご紹介いたします。

■配管・配線への配慮

4-1

コンクリート敷にすると、地下に埋まっている配管・配線工事がしづらくなってしまいます。そのため頻繁に配管・配線のメンテナンスをしそうな部分は砂利敷きにするなど十分に配慮をしなければなりません。後々のことまで見通すことが暮らしやすさに繋がります。

■施工範囲の見きわめ

目的に合わせて必要な場所のみにコンクリート敷を行います。例えば、毎日使う駐車スペースは見た目と利便性を重視してコンクリート敷に、裏庭の方は防草シートと砂利敷にするなどといった使い分けが大切です。適材適所の施工により、無駄なコストが発生しないようなご提案をいたします。

■用途に応じた鉄筋数・厚み調整

4-2

コンクリートを敷く厚さも、車庫や人が歩く場所など用途に応じて細かく調整しています。例をあげると、人が歩くスペースはコンクリートの厚みを8cm以上で施工しますが、車庫の場合は強度が必要なためより厚く10cm以上で施工しています。

長く使う場所だからこそ、普段使う時にストレスを感じず快適に過ごせるように、必要なものと無駄な部分を精査してコストを削減することを心掛けています。ありがたいことに、お客様からの満足度が高いのも、細やかな施工の質にこだわっているからこそ。橘はこれからも施工の質にこだわり、安心・快適なエクステリア空間をご提案します(#^.^#)

2022.05.12  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの上白川です。
3月のブログから引き続きご紹介している雑草対策シリーズも今月が最終回になります! 今回は雑草対策の中でも効果の高いコンクリート敷について解説いたします。

3-1

■メリット:お手入れの楽さはピカイチ!

コンクリート敷の一番のメリットはお手入れが楽なことです。土の部分にコンクリートを流して埋めるため雑草が生えないのはもちろん、つるんとした表面のコンクリートはお掃除がしやすいです! 人工芝や砂利敷と比べると清掃性の良さは抜群です。植栽の葉が落ちた時などもさっと掃き掃除できるのはありがたいですよね(^^♪

あまり知られていないもうひとつのメリットはフン害が減ることです。「うちの庭にどこかの猫ちゃんがフンを!」と戸建てで庭のある方はフン害に悩まされる方が意外と多いんです。おしっこをされる場合はありますが、コンクリート敷でフン害はあまり聞きません。

■デメリット:コストがかかる

3-2

デメリットはコストが掛かることです。清掃性が高く雑草が生えない分、メンテナンスはとても楽になりますが、イニシャルコストは高めになってしまいます。

広い面積をコンクリート敷にした場合、無機質な印象が気になるという方もいらっしゃいます。無機質さが気になる場合はコンクリートを使う面積を必要な場所のみにしたり、植栽を上手に組み合わせて使ったりすると良いですよ(^^)/

コンクリート敷の良さをご理解いただいたところで、次回のブログではコンクリート敷施工を行う際の当社のこだわりについてご紹介します! 更新をお楽しみに。

2022.05.10  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。
コロナ禍になって久しく、おうち時間という言葉もすっかり定着しました。
今回はおうち時間の流れを受けて注目を集めている商品をご紹介いたします。

■庭へのアクセスを増やし、内と外を繋ぐ空間

 

2-1

外出控えや在宅ワークによって家で過ごす時間が長くなると、おうち時間をより豊かに過ごすために庭の活用が見直されました。デッキにテラス席を作ってカフェ気分を味わったり、お子さまの遊び場にしたりなど、おうちにいながらリフレッシュが出来るのは庭の魅力です。

庭と室内を繋ぎ、庭をより充実した空間にできるのがガーデンルームです。ガーデンルームは屋外の開放感を感じながらリビングの快適性を持ち合わせた、外付けのテラス、サンルームのような商品です。

■庭をセカンドリビングに。より便利で楽しい空間へ

 

2-2

2-3

リフォームでガーデンルームを施工したお客様の事例をご紹介します。
家の隣の広い庭では家庭菜園をされていました。家庭菜園以外の場所は雑草の生えた空きスペースでしたが、今回のリフォーム工事では庭をきれいに整備し、ガーデンルームを設置しました。

今までは玄関を通り庭へ行き来していたところ、ガーデンルームを設置したことで直接お庭にアクセスできるようになりました。畑仕事の際に行き来がとても楽になったと喜んでいただきました(#^.^#)

2-4

2-5

元々庭に面する窓は腰窓だったため、ガーデンルーム設置に伴いまずは腰窓を掃き出し窓に変える室内のリフォームをしていただきました。
ガーデンルームを設置してからは庭への行き来がしやすくなっただけでなく、テラス席を設置してセカンドリビングのように使っていただくことも可能に!

道路からガーデンルームの中は見えづらいような設計にしているため、気兼ねなくテラス席でご友人ともお茶や会話を楽しんでいただけたようです(#^.^#)
ガーデンルームを設置して庭で過ごす時間をより豊かに楽しんでみませんか? ぜひご相談くださいね!

2-6

2022.05.05  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
橘でエクステリア提案をする際の一連の流れをご紹介するこちらのシリーズ、第4回目では作成した設計図と見積書のご提案の流れについてお話します。

■大画面で3Dイメージを確認!

今までのご相談内容、現地調査と概略プランを元に作成した設計図、お見積書をご確認いただきます。
展示場にて実物をご覧いただくことも出来ますし、イメージに近い施工事例などがあれば参考画像などもお見せしています。
さらに、必要に応じてエクステリア専用CADで3Dイメージをご覧いただき、より分かりやすくプランをご確認いただきます。

1-1

平面図だとなかなかイメージしづらかったプランも、カラーが付いた3Dイメージだとより具体的に想像ができるので、皆さん「分かりやすい!」と喜んでくださります(^^)
さらに当社は大画面モニターにて3Dイメージをご紹介しています。
画面を見ながら、その場でカーポートの色などプラン内容の一部の色を変えたり出来るのでご要望に沿ったイメージを形作れます。

■プラン提案だけでなく、施工品質にもこだわります

お見積書の明細はそれぞれの項目にどんな金額が掛かっているのか、分かりやすくご説明をいたします。
プランの内容・見積書の明細のご説明だけでなく、安心して工事をお任せいただけるよう、当社の施工品質のこだわりもお伝えしています。

1-2

例えば、当社では使用する部材ひとつひとつを品質の高い部材を選んで使用しています。
コンクリートの中の鉄筋には強度が高いものを使ったり、防草シートを質の高いものを選んでいたりしています。コンクリート施工を綺麗に見せるためにコンクリートの目地の色にこだわり、当社のオリジナル商品をメーカーさんに作ってもらっていることもあるんですよ。

些細なことに感じられるかもしれませんが、エクステリア専門店としてプラン設計の質だけでなく、施工品質にも徹底的にこだわりトータルで安心してお任せいただけるようなご提案をいたします。