いろんな情報をお届けします! スタッフブログ
2022.03.31  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です。
前回に引き続きスタッフ紹介のインタビューをお届けいたします。
後編では今後の目指す姿や社長のプライベートなお話もちょっぴりお伺いしてみました♪

8-1

■印象に残っていることはありますか?

 

たくさんありますがひとつあげるならば、他社との相見積もりだったあるお客様に「設計がすごく良かった」と当社を選んでいただけた事例ですね。
4年後くらいに再度お庭の工事をさせていただきました。

他社と比較しプランニングの質の高さを評価していただき、スタッフ対応や施工まで総合的にご満足いただけたこと、リピート工事に繋がったということで満足度の高さをご実感いただけて嬉しかったのをよく覚えています。

8-2

■今後の目指す姿を教えてください

 

ありがたいことに、先程の事例のようにリピート工事をお受けすることも増えてきました。
一度工事をして数年、十数年後などに担当することも増えていますが、先代の社長が担当したお客様のご子息のおうちを担当するような事例も出てきました。
2世代、3世代と良い連鎖を繋げて、末永く地元の皆さまに愛されるような会社でありたいですね。

■休日の過ごし方やリフレッシュ方法は?

 

8-3

休日は家族と過ごす時間に充てたり、学生時代から長く続けているテニスを今も趣味で楽しんだりしています。
わが家には3人子どもがいますが、テニスもちょっとずつ一緒に楽しめるようになりました(^^♪

この頃はコロナ禍であまりお出かけは出来ませんが、去年は徳島県南部と高知県東部を結ぶ、世界初のDMV(道路と線路の両方を走行する、電車とバスがひとつになった乗り物)を家族で観に行ってきました。
乗り物好きな息子は終始ニコニコでした(#^.^#)

8-4

次月以降も少しずつ当社スタッフのインタビューをご紹介します。
次は誰のインタビューか予想しながら楽しみにお待ちくださいね!

2022.03.29  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの宮本です。
当社スタッフ、特にプランナーは普段お客様に接する機会が多くあります。
もっと私たちのことを身近に感じていただければなと思い、今月からブログにてスタッフ紹介を始めます(^^♪
スタッフ紹介第一弾は当社代表の悦見のインタビューをお届けいたします!

■現在の担当業務を教えてください

 

社内全体の経営計画・管理といった当社代表としての業務だけでなく、プランナーとしても日々現場に出ています。

7-1

■仕事の際に心掛けていることは?

 

プランニングの際は自分の家をプランニングするようなつもりで、お客様の立場になったらどうだろうかと考えています。
お客様のご要望をお伺いしてご提案しますが、隠れているご要望まで丁寧に紐解けるようコミュニケーションを大切にしています。
ご要望を叶えるのはもちろん、エクステリアの専門家としてより豊かな暮らしになるような+αの提案やアドバイスを心掛けています。

7-2

■プランナーのやりがいや嬉しかったことは?

 

毎度のことですが、お引渡しの時やお葉書などで感謝のお言葉をいただく時はいつも嬉しいですね。
お客様の喜ぶ姿を見て、嬉しさとホッとした気持ちと相まってこちらも満面の笑みになります!
施主様にいただく完工後のアンケートに名指しで「悦見さんに頼んでよかった」とお言葉をもらえると、思わず頬が緩みますね。

インタビューの後編は次回のブログでご紹介します。
社長のプライベートな姿も垣間見えるかも?
更新をお楽しみに(^^)/

2022.03.24  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。
前回のブログで雑草対策についての基本的な考え方についてお話しました。
今回は雑草対策のひとつ防草シート+砂利敷について詳しくご紹介します!

■低コストと手軽さに定評のある防草シート

 

6-1

防草シートという商品を初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれません。
防草シートとはその名の通り、草が生えてくるのを防ぎ、雑草処理の手間を省いてくれるシートのことです。
防草シートは除草剤などの薬剤を使わず、シートを敷くだけの簡単な施工で、安心かつ手軽に雑草対策が叶えられる点が支持されています。さらに嬉しいのは雑草対策の中でも手頃な価格で導入ができること。人工芝の5分の1ほどの価格ということもあり、コストパフォーマンスに優れていることも人気の理由です。

■高品質シートを採用して数十年安心!

 

6-2

手頃に施工できるのは嬉しいけど、気になるのは効果ですよね。
どれくらい雑草が生えずに長持ちするかは、シート自体の品質やシートの上に敷設するものによって差が出てきます。
当社ではシートの品質にトコトンこだわり、高品質な防草シート「ザバーン」を採用しています。
不織布性のザバーンは十分な強度があり、水はけと耐候性に優れているため雑草抑制しながら長持ちする素材になっています。砂利を敷くことで効果は20~30年近く持ちますよ。

当社はエクステリア専門店として細やかな点まで妥協せずに商品選びをし、安心できる雑草対策・外廻り空間づくりをご提案いたします。次月のブログでも引き続き雑草対策の他の方法についてご紹介予定です(^^)

2022.03.22  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。
3月も下旬に突入し、少しずつ春めいた気候になってきました。
暖かくなるのは嬉しい一方、これからの季節一層気になり始めるのが雑草です。
今回はリフォームのご要望でとても多い雑草対策について解説をいたします。

■雑草対策とは?

 

5-1

雑草は植えていないのに意図せず繁殖する植物の総称です。
お庭や花壇、玄関回りなど様々なところに生えており、生命力が強く抜いてもまた生えてくるのが雑草の厄介なところ。広い庭で草刈りや草むしりを定期的に行うのは、骨が折れる作業ですよね。

雑草の生育を妨げ、生えてこないような対処をすることを雑草対策と呼んでいます。
雑草対策といっても、どのような状況を求めるかによって対処方法が異なります。

■どんな状態を目指すかによって対処が変わる!

 

5-2

・お庭の中で目立つところだけ生えないようにしたい
・ほとんど手入れをしたくないので、見た目よりも効率重視で考えたい
・なるべく自然な風合いを残したい

雑草対策はいくつか種類があり、それぞれの商品予算も幅があります。
代表的なものだとコンクリート施工、人工芝、防草シート+砂利敷きなどが挙げられます。
「どのような状態のお庭を目指すか」をベースにご予算とご要望を考慮しながら叶えたいお庭のイメージに合わせて選定、もしくは複数を組み合わせて施工するのが基本の進め方です。

5-3

なんとなく雑草対策のイメージはつかめましたか?
次回のブログからはもう少し詳しく、それぞれの対処方法について具体的に解説してまいります(^^)/

2022.03.17  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの上白川です。
前回のブログに引き続き、橘のエクステリア・ガーデン総合展示場に来場するメリットをご紹介します。その中でも今回は「実物を見学するからこそ分かる」3つのポイントをお話するので、エクステリア工事をご検討の方は必見ですよ(^^)/

■大きさの把握

 

4-1

カーポートや物置など大型の商品はカタログなどで見てもサイズ感がイメージしづらい商品です。実際に展示商品を見ることで大きさが把握できますし、物置であれば荷物がどれくらい入るかをイメージできます。物置に限らず、いろんな種類の商品を比べられるように展示をしているので比較しながら見ていただければと思います♪

■色や質感を実物で確認

 

4-2

色や質感といった感覚で感じる部分を確実に確認できるのも、実物を見学できるメリットです。塗り壁のような手塗りの温かさは実物の質感を見てこそ魅力が伝わりますし、色の例をあげれば、赤のサインポストはオレンジ系の赤と、えんじ色に近いような深みのある赤では印象が大きく変わります。砂利やレンガなどの色合いもお好みがあるので是非実物をご覧くださいね♪

■照明の明るさ

 

4-3

照明の明るさや色合いに関しても、人によって感じ方が異なります。数値で照明の明るさを説明されてもピンとこないですよね。だからこそ、実物で見ることでおうちに設置した時のイメージが明確になります

一口に照明といっても、明るさだけでなく光の広がり方でも印象や雰囲気がガラリと変わるので、エクステリアのデザインやテイストに合わせてぴったりの照明をご提案させていただきます(^^)/ 次月以降は橘のエクステリア展示場の詳細を少しずつご紹介予定です! 更新をお楽しみにお待ちくださいね。

2022.03.15  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの上白川です。
橘はエクステリアの専門店として、徳島随一のエクステリア展示場を擁します。展示場では何が体感できるのか? 展示場に行くメリットなどについてお話をいたします。

■専門店ならではの徳島随一の大型展示場

 

3-1

橘の展示場は屋外と屋内に展示スペースを設置しているエクステリア展示場です。1998年に完成して以来、お客様のニーズや新商品発売などに合わせて少しずつリニューアルを重ね、最新のエクステリア・ガーデン商品が見学・体感できるような空間になっています。

外から見えにくい展示場なので、ご来場いただいたお客様には「こんなに充実しているんですね!」と驚かれることもしばしば(^^♪ 商品の見学だけでなく、エクステリアプランナーへの相談やプランニング依頼をすることも可能ですよ。(プランナーへの相談はスムーズにご案内させていただくべく、事前のご予約をおすすめしています。)

■商品のメーカーや経年変化を比較できる!

 

3-2

展示場に行くメリットのひとつは商品の比較ができることです。例えば、宅配ボックスや砂利など同じ商品でもメーカーごとの違いを比較しながら確認できるのは、展示場で実物を見られるからこその嬉しいポイント!

さらに、展示場見学ならではの見どころとして経年変化の様子を確認することも可能です。新品の人工芝と数年経った人工芝は実際にどのように変わるのか確認できるのは購入する上でも安心ですよね(#^.^#) まだまだ沢山ある展示場見学のメリット、次のブログでも引き続きご紹介いたします!

2022.03.10  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの牛尾です。
橘にご相談をいただき、エクステリアが完成するまでの一連の流れをご紹介するこちらのシリーズ、第2回の今回は現地調査についてご紹介します。

■現地調査とは?

現地調査とは安心・確実な施工のために施工する現場に赴き敷地の条件、隣地との境界や道路状況・周辺環境などを調べる工程です。所要時間は敷地条件にもよりますが1時間ほどで、担当プランナーがご自宅にお伺いいたします。外廻りの測量や調査なので立ち合い必須ではありません。調査が終わりましたらお声かけいたします。

2-1

■高さを測ることが大事なワケ

現地調査において、重要なひとつの指標が高さです。塀の高さや敷地と道路の高低差がどれくらいあるか等が一例に挙げられます。たとえば、高さをきちんと計測しないと階段の適切な段数や、土留が必要になるかが正確に把握できません。当社ではレーザー計測器を用いて精密に測っています。確実な計測あっての確かな施工に繋がります!

2-2

■周辺環境や視線も細かくチェック!

実際に現地を確認してこそ分かるのが周辺環境との繋がりです。新しい分譲地であれば、近隣のおうちの外構デザインを確認し、デザインが重複しないような配慮をします。自宅の窓位置を確認して、窓から見える景色や視線はどうかもチェックを欠かしません。

場合によっては目隠しの設置が必要なこともあります。実際に生活するところを想定しながら、施工面・意匠性などを総合的に鑑みて細やかに調査することで、心地よく住み続けられるエクステリアが仕上がります。

2022.03.08  エクステリアコラム

こんにちは。スタッフの悦見です。
前回のブログでは新築の外構を考える時のポイントとして
①早めに計画する ②どんな暮らしを叶えたいか を考えるという2点をご紹介しました。
後編の今回はもう少し具体的な内容に踏み込んでお話します。

■必要な駐車スペースを確保する

1-1

ご家族で保有する車は何台か、お客様用の駐車スペースを合わせて何台分停められるスペースが欲しいかを必ず確認しておきましょう。外構の中でも駐車スペースは最も広くスペースが必要です。

車の台数、車の大きさを考慮しあらかじめ駐車スペースを確保した上で、残りのスペースをどう使うかを検討します。将来的にカーポートを設置したいなどのご要望があれば、将来の設置を見据えたプランをするのでご計画時に是非ご相談くださいね。

■必要な電気設備を検討する

1-2

玄関ポーチの照明は住宅会社の標準照明として設置されることがほとんどですが、植栽やアプローチを照らしたい場合など、その他の場所の照明をご希望の際は事前の計画が必要です。実際に外構が完成してから追加で照明をつけたい場合は、室内や外部コンセントなど別の場所から配線を確保しなければならず、場合によっては希望通りに設置出来ないことも。

植栽などを照らす照明に限らず、インターホンの位置にこだわりたい場合や防犯カメラの追加設置なども同様に、電気設備は配線の計画が必要になってきます。電気設備系統にこだわりたい場合は、どこにいくつ設置したいなどを早めに考えておくことが肝要です。

1-3

新築で理想のお庭・外構を叶えるためには、車の台数確保と必要な電気設備を早めに考えておくことがポイントになります。
その他にも取り入れたい設備があれば、なんでもご相談くださいね。
経験豊富なプランナーがあなたのおうちの外構計画をサポートいたします。